骨盤矯正…骨盤の痛みの整体治療

骨盤矯正…骨盤の痛みの整体治療

内臓整体による骨盤矯正…骨盤の痛みの整体治療

患者=Yさん-33才-女性-主婦の症例より

yjimageZQRPG1B2

こんにちは。

JHSC整体院の吉原です。

今日は「骨盤痛=骨盤矯正」でお悩みの方に是非お読みいただきたい内容です(画像はネット資料を使用しています)。

 

  • 骨盤は内から引っ張られて、見かけ上「ずれている」?!

「私、骨盤がズレてんねん、、、。」とおっしゃる方は意外に多いですね。でも、何度も何度も骨盤矯正をしても、その数分後には「ズレが元に戻っている…」と嘆いておられる方も少なくないと思います。

大体、その様な方は「姿勢不良などで骨格的に骨盤がズレている」のではなく、骨盤内の内臓や組織が緊張-癒着して「内から骨盤を引っ張って撓ましている」結果、見かけ上骨盤がズレて見えるケースが大半です。これは「便秘症」であったり「婦人科臓器」を骨盤内に収納している女性に、圧倒的に多く観られる現象です。

ちなみに、下記は子宮や卵巣が正中から左側に変位し、骨盤がズレている画像です。

yjimageUMXV9NJH

  • 骨盤矯正してもすぐに戻る➡もしかして「内から引っ張られている・・・」

ですから、骨盤を「エイッ、ヤッ」と矯正しても、次の瞬間に骨盤の中から引っ張られれば1-2分で「元に戻ってしまう」のは、当然です。

逆に言えば、「骨盤を矯正してもすぐに戻る」と仰る方は「内から骨盤を引っ張って撓ましている」と、疑うべきだと思います。

yjimage9Q10MGGI

  • 内臓整体・・・内から治療する骨盤矯正!!

ですから、当院での骨盤矯正の9割以上は「内臓整体による骨盤矯正」で治療しています。

これだと、骨盤を「エイッ、ヤッ」と矯正せずとも、「自然に骨盤が正中位に矯正」されますので、それまで臀部や仙骨部、鼠径部、股関節周辺の「骨盤痛」も、他に何もせずとも自然に解消するケースがほとんどです。

IMG_0073

  • 何が、骨盤を引っ張るのか? 下記のそれぞれに対応する整体テクニック!!

それでは、どこの何という組織が骨盤を引っ張るのか・・・という疑問ですが、それは人それぞれです。

少し例を挙げると、

・大腸の盲腸部…右の骨盤に接触しています

・大腸のS字結腸部…左の骨盤に接触しています

・子宮仙骨靭帯…子宮から骨盤後部(仙骨)に停止しています

・基靭帯…子宮から左右の骨盤に停止しています

・子宮円索…子宮から左右の鼠径部下方~恥骨にかけて停止しています

・子宮広間膜…骨盤全体に広がっています

yjimageFXQ9GDGI

実際には、上記組織の一つが緊張-癒着しているケースもあれば、複数の組織が関係しているケースもあるので、患者さん一人一人で複雑な様相を呈していて、それぞれの治療法は異なります。しかし、当院には上記それぞれに対応した整体テクニックがありますので、比較的簡単に「自然な形の骨盤矯正」をしています。

下記の場合、歪んだ子宮を内臓整体で定位置に戻せば、自然に骨盤も正常位に戻ります。

yjimageZ4ICSWKT

今回は、その中から比較的頻繁に見られる「患者Yさん」の様なケースをご紹介します。

Yさんは主に「大腸の盲腸部、S字結腸部の癒着」が主因と推定される骨盤のズレと骨盤痛の症例でした。

yjimage[3]

骨盤の痛み(骨盤矯正)と整体治療

患者=Yさん-33才-女性-主婦

それではお大事に、、、。

IMG_0018

大阪市都島区善源寺町1-5-43-2F

06-6180-6880

JHSC整体院 (予約制)

ホームページはこちら

・診療時間…午前診10:00~13:00

・午後診15:00~18:00

・休 診 日…日曜日、祝日、第1・第3土曜日(第2・第4土曜日-午後休診)

・施 術 費…初診   7,500円 (今年の2月末まで初診料3,500円です)

     2診以降  5,000円

  • 当院は頭の先から足の先まで、身体の様々な部位の治療をしています。詳細は当院ホームページか、下記治療レパートリー(治療例)をご参照ください。下記の治療レパートリーに無い症状は、直接お電話・メール等ご相談ください。

慢性疲労

慢性腰痛

肩こり

五十肩

慢性肝炎

痛風

逆流性食道炎

子宮内膜症

卵管、卵巣に異常があり不妊の方

基礎体温がバラバラの方

歯周病(歯肉炎)、口臭

その他の症状