手湿疹と整体治療

手湿疹と整体治療

手湿疹と整体治療
患者Kさん=41才-女性/主婦の症例

yjimage[1]

こんにちは。
JHSC整体院の吉原です。
今日は軟膏、クリームなどの塗布剤では治癒しにくい「手湿疹」でお悩みの方に是非お読みいただきたい内容です(画像はネット資料を使用しています)。
≪膠原病などの特殊な手湿疹を除く、一般的な手湿疹についてのご紹介です≫

 

●健康な手の皮膚の状況とは・・・二つの防御ライン(自然治癒力)
①第一の防御ライン
「酸性皮脂膜」と呼ばれる水と脂が混じった液体が表皮の表面を覆う事で、表皮のバリア機能の最前線を構築して、手湿疹を予防している

yjimageI9L59PS3

注)酸性皮脂膜とは
①汗腺からの「汗」
②皮脂腺からの「皮脂」
③ケラトヒアリン顆粒などの「自然保湿因子(NMF)」
④セラミドなどの「表皮脂質」
この、①~④の混合エマルジョンで表皮の上皮細胞を細菌や水分喪失などから防御しています。これら①~④は表皮(一部は真皮)で合成・分泌されます。その為には細胞再生や酸性皮脂膜生成に必要な「充分な血流」が必要不可欠です。

 

②第二の防御ライン
表皮に上皮細胞が10層以上重なり合い、表皮の厚みを増す事でバリア機能を完璧にしている

yjimage4L5W4LBO

健康な手の皮膚の状況は、上記「二つの防御ライン=自然治癒力」が健全である必要があります。

yjimage1Y2C94KL
●手湿疹の手の皮膚の状況は・・・・・・二つの防御ライン(自然治癒力)の破綻
①第一の防御ラインの破綻
酸性皮脂膜が減少して表皮を覆えなり、表皮の上皮細胞が直接細菌に接触したり、水分保持が困難になったりして、バリア機能が低下する
②第二の防御ラインの破綻
・表皮の上皮細胞のターンオーバーが遅延して上皮細胞の再生が遅れ、表皮層が薄くなり、バリア機能が破綻して手湿疹やひび割れが持続する

yjimageD59LNLZV
 手湿疹は、この「二つの防御機能=自然治癒力の低下・喪失」が重なっているケースが多いようです。

 

●軟膏・クリームなどの塗布剤の効果とは?・・・空間と時間を稼ぐだけ?!
「上皮細胞のターンオーバー(再生)」と「酸性皮脂膜」を回復させる為に、表皮を軟膏やクリームなどの塗布剤で一時的にバリアしてその空間と時間を稼ぐ事が、軟膏やクリームなどの塗布剤の目的です。塗布剤そのものに、ターンオーバーを回復させる効果はありません。

yjimage[4]
●「治癒しにくい手湿疹の理由=材料不足」と「根本的な治療法」とは?!
何らかの感染症や膠原病などの特殊な病態もありますがこれらは少数派で、一般的な手湿疹が治癒しにくい最大の理由は、
*手指への局所血流不足によるターンオーバーの遅延とそれによる酸性皮脂膜の生成不足
が、一番の大きな理由です。

yjimageDB1TXNNK

言い方を変えれば、
*手指の皮膚への血管(動脈)が局所的に圧迫‐絞扼されて血液が表皮に届かない
だから、塗布剤を塗り続けても、なかなか治らないのです。考えてみれば血流不足で細胞再生や酸性皮脂膜に必要な材料が運び込まれないのですから、塗布剤をしても治らないのは「当たり前」ですね。

yjimage8CTQ3C6E
 ●手湿疹は整体で治るの???・・・局所免疫力(ターンオーバー)の材料を供給する整体治療
実は、局所血流を回復させ、ターンオーバーの材料を供給し、免疫力や細胞再生力(ターンオーバー)=自然治癒力を改善させるのは、当院が最も得意とする整体治療法の一つなのです。

IMG_0072
数年間も手湿疹や指のひび割れが治らなかった患者さんを1-2週間で完治して頂く事は、当院では日常茶飯事です。

yjimage[2]

それでは、その一例を下記に紹介します。少し論文調で硬い文章ですが、ご興味がありましたらご一読ください。
① 41才-女性・主婦の症例=手湿疹と整体治療

② 22才・女性・フリーターの症例=「両手の湿疹」と整体

③ 44才・女性・主婦の症例=指のアカギレと整体 =軟膏を使わず体質改善=

それではお大事にして下さい。

IMG_0018

大阪市都島区善源寺町1-5-43-2F

06-6180-6880

JHSC整体院 (予約制)

ホームページはこちら

・診療時間…午前診10:00~13:00

・午後診15:00~18:00

・休 診 日…日曜日、祝日、第1・第3土曜日(第2・第4土曜日-午後休診)

・施 術 費…初診   7,500円 (今年の2月末まで初診料3,500円です)

     2診以降  5,000円

  • 当院は頭の先から足の先まで、身体の様々な部位の治療をしています。詳細は当院ホームページか、下記治療レパートリー(治療例)をご参照ください。下記の治療レパートリーに無い症状は、直接お電話・メール等ご相談ください。

慢性疲労

慢性腰痛

肩こり

五十肩

慢性肝炎

痛風

逆流性食道炎

子宮内膜症

卵管、卵巣に異常があり不妊の方

基礎体温がバラバラの方

歯周病(歯肉炎)、口臭

その他の症状