妊娠率は上げられます!「妊娠力をあげる秘密の方法」②

妊娠率は上げられます!「妊娠力をあげる秘密の方法」②

こんにちは!都島北通の産前・産後の骨盤矯正専門院【さらさ整骨院】院長の石黒です。

 

当院は産後の骨盤矯正、マタニティ整体、不妊整体、腰痛といった女性の体のお悩みを解決する、女性専門の治療院です。

 

前回から「妊娠力を上げる秘密についてお話していますが、今回は「ホルモンバランスを整える日常生活習慣」についてお話します。

妊娠における重要なポイントに、ホルモンバランスがあります。ここでは特に女性ホルモンについて説明します。

 

女性ホルモンには2種類あり、一つがエストロゲン(卵胞ホルモン)で、もう一つがプロゲステロン(黄体ホルモン)です。

エストロゲンは、月経の終わり頃から排卵前にかけて多く分泌され、卵子の排卵を促します。

プロゲステロンは、排卵後から次の月経が始まるまでの 間に多く分泌され、受精卵が着床しやすいよう子宮内膜を厚くし、妊娠しやすくします。

この2つのホルモンが交互にバランス良く分泌されることで、妊娠できるのです。

ですが日常生活習慣が崩れてしまうと、このホルモンのバランスが崩れてしまい、妊娠しにくくなってしまうのです。

ではこのホルモンの分泌を整える生活習慣をお伝えします。

 

①体を冷やさない

以前の記事でも書きましたが、冷え症は女性の体の大敵です。

特に夏場のほうが、体は冷えやすくなります。冷房や冷たい飲み物など、ついついやってしまいがちですが、飲み物は常温以上のものを飲むように心がけましょう。

また夏場はシャワーで済ませてしまいがちですが、しっかり湯船に浸かって、体を温めて下さい。

お風呂はリラックス作用もあるので全身の血流も良くなり、子宮・卵巣内の血流もUPしていきます。

 

②良質の睡眠を取る

睡眠もとても重要です。

しっかり7~8時間寝ることで胃腸の働きが良くなり、内臓全体の働きも活性化されます。

できれば夜12時前には寝るという習慣をつけて下さい。

 

③適度な運動

最近は運動不足の方が多いのですが、運動することで筋力がアップし、代謝が上がります。

同時に体温も上がりやすくなり、ホルモン分泌も活性化されます。

特にウォーキングなど、歩くことを意識して下さい。

歩くと股関節周りの筋肉を使うので、近くにある骨盤内の血流も良くなり、子宮・卵巣内の血流も良くなります。

 

いかがでしょうか?ここでは3つをお伝えしましたが、どれも日頃から意識すればできることだと思います。

できるだけ毎日継続してくださいね!

次回は「妊娠力を上げる食事」についてお話しますね。

 

「赤ちゃんがほしいけど、なかなかできなくて悩んでいる・・・」

という方は、当院のLINEからメッセージを送って下さい。あなたの疑問や悩みにお応えします!

 

さらさ整骨院の公式LINE@アカウントからもご相談、ご予約ができます。

登録する場合、スマホの方はこの画像をタップして下さい。
PCの方は画像をクリックして下さい。

友だち追加

 

さらさ整骨院の公式HPは下の画像をクリック!

1キャプチャ1

 

フェイスブックでも情報を配信していますのでチェックしてくださいね^^

2キャプチャ