もう我慢できない!産後の腰痛はいつまで続くの?

もう我慢できない!産後の腰痛はいつまで続くの?

9b577c64fa8b89738cdf3c2ca32928c4_s

こんにちは!都島北通の産後骨盤矯正専門院【さらさ整骨院】院長の石黒です。

当院は産後の骨盤矯正、マタニティ整体、不妊整体、腰痛といった女性の体のお悩みを解決する、女性専門の治療院です。

この記事をお読みの産後ママのあなた、腰痛で悩んでいるのはあなただけではありません。

当院に来院される、産後の方の約九〇%以上の方が、「産後の腰痛」悩んでいます。

では産後の腰痛はなぜ起こるのでしょうか?

 

産後の腰痛が起こる理由

①妊娠中からの負担

産後に腰痛が起こる事が多いのですが、実は妊娠中から、腰には大きな負担がかかっています。

妊娠中はお腹が前に出てきますよね。

例えば、お腹の重みが5kgあり、横から見てお腹が背骨より20cm前に出ているとします。

逆に腰の筋肉は、背骨から5cmしか出ていないとします。

この場合、テコの原理で考えると、

5kg ✕ 20cm = 100kg になります。

では、このお腹の重みと釣り合うには、

xkg ✕ 5cm = 100kg という計算式になります。

これを計算すると、x = 20

つまり妊娠中の腰には、20kgの負担が常にかかっているのです。

この状態が何ヶ月も続くことで、妊娠中から腰痛が出やすくなるのです。

 

②骨盤の緩み

妊娠するとすぐに、「リラキシン」というホルモンが分泌されます。

このホルモンは、出産時に骨盤が広がりやすくするために、骨盤をゆるめる働きがあります。

このホルモンによって骨盤の関節が緩んだ結果、背骨全体が不安定になってしまいます。そして出産によって、骨盤は最大限に緩んでしまいます。

背骨はいわば、人間のおける大黒柱です。

家の大黒柱がグラグラしていたらどうでしょうか?
当然家のあちこちに不具合が出てきて修理が必要になりますよね?

人間も同じで、背骨や骨盤がグラグラ不安定になると、体のあちこちに痛みが出てきます。

特に体を支える腰に負担がかかり、腰痛が発生するのです。

そして、出産で体中がボロボロになってしまい、さらに抱っこなどの育児によって、特に負担のかかる腰に痛みが出やすくなるのです。

 

いつまで産後の腰痛は続く??

ではこの産後の腰痛はいつまで続くのでしょうか?

まずは骨盤がしっかり締まる必要があります。

骨盤が不安定な状態ですと、腰痛は改善しません。

また、体の歪みがある場合は、それを整えないと腰痛もなくならないでしょう。

産後は育児や家事で、体を休める時間がありません。

無理をすると長引いてしまい、なかなか良くならなくなってしまいます。

気になる場合は我慢ぜずに、早めの治療をするのが一番ですよ!

 

産後矯正専門のさらさ整骨院の公式HPは下の画像をクリック!
1キャプチャ1

さらさ整骨院の公式LINE@アカウントからもご相談、ご予約ができます。

登録する場合、スマホの方はこの画像をタップして下さい。
PCの方は画像をクリックして下さい。
友だち追加

フェイスブックでも情報を配信していますのでチェックしてくださいね^^
2キャプチャ