月経時の吐き気と嘔吐…それを解消する方法とは!!

月経時の吐き気と嘔吐…それを解消する方法とは!!

月経時の吐き気と嘔吐…それを解消する方法とは!!

yjimage[4]

こんにちは。

JHSC整体院の吉原です。

今日は「月経時の吐き気と嘔吐」の症状でお悩みの方に是非お読みいただきたい内容です(画像はネット資料を使用しています)。

 

  • そもそも「吐き気・嘔吐」の原因とは・・・

月経時に限って

「吐き気、嘔吐がある」

というタイプの月経困難症の方も少なからずおられるようですね。

yjimage2R3KUYUV

ところで、そもそも吐き気や嘔吐が生じるのは脳の延髄にある

「嘔吐中枢」

と呼ばれる部位が何らかの原因で刺激されると生じる、一種の自律神経的な反射です。その「何らかの原因」とはたくさんあります。ですから吐き気だからといって「胃腸が原因」とは限らないのですね(☚乗り物酔いなどが好例)。

そして特に月経時にのみ吐き気・嘔吐が生じるのであれば、当然

「月経に関する何か?」

が嘔吐中枢を刺激している、、、という事になりますね。

では、その「何か?」とは、何なんでしょうか・・・

 

  • プロスタグランジン、、、吐き気・嘔吐の原因物質

「何か」とはいくつもあるでしょうが、一番可能性の高いものは

プロスタグランジン

と呼ばれるホルモンだと考えられます。

yjimageVUR142WK

プロスタグランジンは身体のあちこちで分泌されるホルモンですが、婦人科的には

月経時に子宮内膜を剥がす際に分泌されるホルモン

として、子宮から分泌されます。

言い換えれば、このプロスタグランジンが分泌されなければ、古くなった子宮内膜が剥がれ落ちにくくなり、子宮の内部が凸凹になって妊娠しにくくなるでしょう。ですから健常な月経周期-妊娠・着床に絶対に必要なホルモンなんですね。

ちなみにプロスタグランジンは子宮の収縮作用があるので、「陣痛促進剤」として分娩時に使用される事でも有名ですね。

 

  • プロスタグランジンの副作用・・・吐き気、嘔吐

ただ問題なのは、このプロスタグランジンは嘔吐中枢を刺激して

「吐き気・嘔吐」

を誘発させる副作用もあることです。言い換えれば月経時に吐き気や嘔吐が生じるのは、延髄の嘔吐中枢付近にプロスタグランジンが進出してきている事が推定されます。

yjimageC5OCNTNH

従って、月経時に吐き気や嘔吐が起こりやすいのであれば、そのプロスタグランジンを身体から、特に

嘔吐中枢から除去

してあげれば、吐き気や嘔吐は解消するはずなのですね。

 

「そんな方法があるのん?」

とお思いの方もあるでしょう、が実は嘔吐中枢からプロスタグランジンを除去する、うってつけのテクニックがあるのです。

それが

P1060943

「頭蓋仙骨療法」

と呼ばれるオステオバシーテクニックなんですね。

このテクニックは脳-脊髄の中にある「脳脊髄液」の循環を回復させ、プロスタグランジンなどの代謝物の排出を促進させる作用があるので、今回の様な吐き気・嘔吐に最適のテクニックです。

また、このテクニックは内分泌(ホルモン)や自律神経の失調状態を改善させる作用もあるので、月経不順や自律神経失調の方にも使用するテクニックです。

 

  • 治療例紹介…患者=26才・女性・学生/アルバイト

それでは当院での整体治療例をご紹介します。今回の患者さんは、元々生理痛がひどかったそうですが、特に今回は嘔吐が激しく、20回以上も嘔吐されていた方の症例です。それでは

「生理中に繰り返す嘔吐と整体=一瞬で完治した症例=」

をご覧ください。

論文調で堅苦しいですが、きっと参考になると思います

それではお大事に。

IMG_0018

大阪市都島区善源寺町1-5-43-2F

06-6180-6880

JHSC整体院 (予約制)

ホームページはこちら

・診療時間…午前診10:00~13:00

・午後診15:00~18:00

・休 診 日…日曜日、祝日、第1・第3土曜日(第2・第4土曜日-午後休診)

・施 術 費…初診   7,500円

     2診以降  5,000円

  • 当院は頭の先から足の先まで、身体の様々な部位の治療をしています。詳細は当院ホームページか、下記治療レパートリー(治療例)をご参照ください。下記の治療レパートリーに無い症状は、直接お電話・メール等ご相談ください。

慢性疲労

慢性腰痛

肩こり

五十肩

慢性肝炎

痛風

逆流性食道炎

子宮内膜症

卵管、卵巣に異常があり不妊の方

基礎体温がバラバラの方

歯周病(歯肉炎)、口臭

その他の症状