都島区の名所・旧跡

毛馬の水門・閘門

都島区毛馬町3

大阪の生命線である淀川は、その一方で数え切れない洪水を繰り返し、とりわけ明治18(1885)年には、空前の大洪水が起こりました。この水害を教訓に、明治42(1909)年には新淀川の開削工事が完成し、旧淀川の分岐点には洗堰と閘門が築造されましたが、これは、オランダ人技師のヨハネス・デ・レーケが設計し、当時の最高技術が駆使されたもので、わが国近代治水工事の発祥といわれています。

閘門は新旧淀川の水位差を調節して、船の航行を助けるもので、昭和52(1977)年には上流に現在の閘門が設置されました。廃止された旧洗堰と閘門の一部は、淀川河川公園の北区側に保存されています。

毛馬の水門・閘門