都島区の名所・旧跡

都島神社

都島区都島本通1-5

かつて、幾度も淀川の洪水に見舞われたこの地を、後白河法皇が行幸されたおりに その惨状を哀れみ、当地の守護神として神社を建てるように命じられました。そこで、毛馬・滓上江・友渕など8か村の人々が協力して、永暦元(1160)年に建てたのがこの神社です。旧本殿その他は戦災で焼失しましたが、昭和24(1949)年に再建されました。

天照大神をはじめとして15神を合祀したので、当初は十五社神社と名づけられましたが、昭和18(1943)年に都島神社と改められました。

境内には、鎌倉期の石造三重宝篋印塔(ほうきょういんとう)があり、市内最古の石造遺物として大阪府の重要美術品に指定されています。

都島神社